純米醸造酒、本醸造酒の蔵元、山三酒造。 上田市の特産、『真田六文銭』を製造販売しております。 
山三酒造 山三酒造株式会社
山三酒造 山三酒造株式会社 TEL:0268-42-2260
山三酒造 山三酒造株式会社 FAX:0268-42-3884
山三酒造 山三酒造株式会社 E-mail:info@rokumonsen.jp

HOME | 山三酒造の紹介 | 真田六文銭とは | 日本酒の楽しみ方 | お買物方法 | お問い合せ | お買い物かごを見る

     
    日本酒の楽しみ方


     
    お燗の楽しみ方
    おいしいお燗とは

    【おいしいお燗とは】
    日本酒は冷やしても常温(冷や)でも、また温めてもおいしくいただける、世界でも珍しいお酒です。
    中でも、温める飲み方は、まさに日本の風土に生まれ、日本の食文化とともに育まれた、独特の飲酒スタイルと言えます。
    お燗は、お酒の味をまろやかにする他、料理の味を引き立て、食事を一層楽しくします。

    お燗のお酒のおいしさは温度で決まります。お燗の温度は飲まれる方の好み次第ですが、一般的には「人肌燗」~「上燗」がおいしいと言われています。

    熱すぎるお燗は、お酒と味と香りのバランスを崩してしまうのでご注意ください。



     

    【お燗の上手な作り方】
    <酒燗器の場合>
    以下のことにご注意ください。

    ●機械の中に前日のお酒が残っていないか。
    ●酒タンクやノズル(採酒口)が汚れていないか。
    ●湯温の設定が高くなりすぎていないか。(湯温の設定より実際のお燗温度は10℃~15℃低くなります。)

    <湯煎の場合>
    お湯の中に、徳利やチロリを入れて、温度を計りながら燗をつけるのが一番です。

    お燗の上手な作り方
    ページトップへ
     
    日本酒と「和らぎ水(やわらぎみず)」

    【和らぎ水とは】
    「和らぎ水(やわらぎみず)」とは、日本酒を飲みながら飲む水のことを言います。日本酒を飲む合間に水を飲むことで、深酔いせず、酔いを和らげることから、「和らぎ水」の名称はきています。

    「和らぎ水」は、身体にやさしい飲み方です。水を飲むことで、お酒のアルコール分が下がり、酔いの速度がゆっくりと緩やかになります。
    また、お水で一呼吸置くため、飲みすぎない利点もあります。

    【和らぎ水の選び方】
    「和らぎ水」に特定の銘柄はありませんが、おいしい水であることが条件になります。
    日本酒の源である、「仕込み水」を選ぶというのも、おすすめです。

    和らぎ水
    和らぎ水の楽しみ方

    【和らぎ水の楽しみ方】
    よりおいしく飲んで、食べる。そのためにも、「和らぎ水」は有効です。
    合間に飲む水で、口の中をリフレッシュし、舌の感覚を鈍らせないので、次の一杯や料理の味を鮮明にします。
    お酒や肴を一層おいしく味わうことができます。

     

    ページトップへ